感謝しなくちゃ

施設の建築が遅れているとか、治安が心配だとか言われながらも、
リオのオリンピックは始まりました。ブラジルの方々は、
「それでも間に合ったんだからいいんじゃない」という感じでしょうか。
そのおおらかさ、真似できませんね。
そんなこんなで土曜日の午前中、出掛けの準備中にテレビをつけっぱなしで
30分ほど開会式を見ました。各国の選手団が入場するたび、番組のアナウンサーが
その国の紹介を行っていましたが、僕が聞いている限り、
約半分の国は過去のオリンピックでの活躍ではなく、
その国の政治情勢が中心になっていました。
難民がひとつのチームを結成し出場するというのも、この世界の今の象徴ですよね。
そこで思ったんです。やっぱりオリンピックは必要なんだなあと。
各国の代表がひとつの場所に集まれば、スポーツという共通のルールで競う公平さが
背中を押す形で、それぞれが抱える国家的事情が明らかにならざるを得ない。
それを知るだけでも価値や意味はあるのだろうと。
そうして世界の今が明確になると、その混沌ぶりにため息をつかざるを得なくなる。
そんな気分を吹き飛ばしてくれるような試合が見たいですね。
いやまったく、しばらくの間は困難が予想されます。高校野球も始まるからね。
そんなふうにのん気でいられる今の自分の環境に感謝しなくちゃ。