わかりやすさの裏の顔

ダイジェストは目にしたけど、「秀逸だから全編見たほうがいい」と友達に言われ、

NHKのホームページで確認しました。閉会式のTOKYO SHOW。

「わかりやすいなあ」が僕の感想でした。東京に住んでいる自分でも、

「この街ってこうなのね」という客観性を持って見られた点、確かに秀逸ですよ。

過去最高のメダル獲得数。

これは今回のオリンピックを語る上で、日本人にとってもっともわかりやすい結果です。

へそ曲がりな僕は、メダルを取れなかった人たちや、

それでもなお注目されない競技で頑張る人たちへの思いに気持ちが動いたりします。

それはたぶん、とてもわかりにくいものなんですよね。

言葉を換えれば注目されにくいもの。

もし僕がそれを伝える役目となったら、やはり全力でわかりやすいものにするはずです。

なぜなら、わかりやすさに勝るものはないから。

アスリートたちはとっくに知っているんですよね。

誰もが望む、誰の目にも明らかな結果を出さなければ存在理由を示せないと。

そう考えると、わかりすさって途轍もなく残酷な面を隠し持っているのかもしれません。