藤波貴久、シリーズランキング3位獲得

我らが藤波"ダーリン"貴久選手がやりました! 
2012年から続いた5位からランクアップ。なんでこの子は落ちないわけ? 
ってか、ここにきて上がるなんてモンスターとしか言えませんね。
世界の第一線で頑張っているアスリートに向かって"この子"なんてのは失礼千万です。
すでに3人の子供のお父さんでもあるし。でもたぶん、彼を見守る人々にとっては、
いつまでたっても"この子"なんでしょうね。
そんなふうに多くの愛情を集める力を持っている子、いや選手なのであります。
藤波"ダーリン"貴久選手の凄さを表現するのに、実はあまり好みじゃないけど
年齢があります。1980年生まれの今年36歳。
トライアル世界選手権を戦う選手の中では最年長クラス。
トライアルという競技は、特に感覚と瞬発力が重要です。
だから、およそ若い選手が有利なんですね。彼が初めて世界チャンピオンになったのが
24歳だったこともそれを証明しています。
それにしても、初チャンプの2004年からでも12年間トップクラスに居続けるって
どういうことなのか凡人には理解できません。ランキング3位を決めた最終戦も、
手首の骨折が治っていない状態で戦ったらしい。マジでリアル怪物くんだわ。
勝ち続けることで人気が出る選手もいれば、戦い続けることで尊敬を集める選手もいる。
という観点においても、ますます応援のし甲斐がある人になったと、そんな感じですね。
今帰国したら、サンマの塩焼きを思いっ切り食べさせてあげたい。