考えない。

何かウツウツしてる。気持ちのよくない空気にまとわりつかれている感じ。
体調が悪いわけでない。ただ、ここんとこの雨続きは精神に響いているかもしれない。
お日様が恋しいね。いや、本当はわかっているんです。
新たな出来事がスタートから1か月半経ったところでいきなり止まり、
判断のお預けを喰らっているもどかしさが気持ちの根っこをつまんでいるのです。
生みの苦しみというものは常にあります。ただし、それがアイデアのレベルであれば、
自分に課せられたハードルして乗り越えればいいだけです。
乗り越えられないときだってあるだろうけどね。
でも今回のような、自分のうかがい知れないところで何かが起きているケースは
如何ともしがたい。何もできないまま連絡を待つというのはねぇ。
経験上、一度止まった案件が当初の形通りに再始動する確率は極めて低いのです。
となると今回も......? そこで取るべき態度と指針は、もう考えない。
これは比較的最近身につけた経験則です。
どうなるかわからない件について考えると、たいがいはバッドな思考が働きます。
それが他の物事に感染するのはよろしくない。一事が万事だなんて迷惑でしょ。
なので、考えない。
まぁとにかく晴れてくれればいくらか気が休まるだろうと、
歯磨きしながら溜まった洗濯物に目を落とした次第です。