思い通りにいかない

人生は思い通りにいかない。これ、大原則です。
スクランブル発信で向かった宮里優作プロの試合。2打差で5位、今季初優勝ならず。
最終日単独1位でスタートしたから「これはあるぞ」と思うわけです。
そして「これがあったら記事は書きやすくなるぞ」という皮算用もあったのです。
けれど、僕だってそれなりの経験がありますから、
特に勝負事はどんな筋書きもほぼ無効になることを承知していました。
それでも期待せずにはいられない。
でもねぇ、「記事が書きやすくなる」という下心はダメです。
思い通りにいかなかったときの「書きにくい記事」を書いてこそ、なんですよね。
何より優作プロほど思い通りにいかないことでキツい思いをしている人はいないし。
人生は思い通りにいかない。だからこそ思いがけない幸運が尊い。
さぁ、次だ。

オオフチさんの『NYほかけ舟』更新。心惹かれるストリームラインなデザインのお話。