山の手育ちじゃないし

東京ビッグサイトの『2016楽器フェア』に行きました。お仕事なんですけどね、
そこはギター好きですからワクワクしちゃうわけです。
今もそうだけど、ギター持ってるのに楽器屋さんに行っては
あれこれ眺めるのが楽しいんです。時間を潰すにも最適。
でもって一通りスケジュールをこなした後、これまたお仕事でお世話になっている
メーカーが出店している鍵盤楽器コーナーへ。
先にいたギターコーナーとは別の館だからかもしれないけれど、雰囲気が違うんですよ。
何となくおだやかで山の手なイメージ。6対4で女性が多いように感じたからかなあ。
ギターコーナーは2対8くらいでしょうか。
でも、そういう印象は僕の引け目からくるものかもしれない。
憧れ続けているんです、ピアノに。鍵盤楽器が弾けたらさぞカッコいいだろうと。
そう言ってしまう時点で下心見え見えですけど、楽器を始める動機なんてそんなもん。
しかし、いまだ憧れのまま。これは生涯続きそうだな。
そしてまた、情熱むき出し系でいささかむさ苦しいギターコーナーのほうが
落ち着いた気分になれる点でも、もはやピアノに向かないのは性分かもしれません。
山の手育ちじゃないしねぇ。まぁいいや。
『2016楽器フェア』は本日まで開催。あなたはどのコーナーがしっくりくるかな?