細部に神

『君の名は』は予想以上だったとか、『シン・ゴジラ』は絶対見るべきだとか、
ここんとこは新作映画に関する話題が周囲に満ち満ちております。
映画館、行ってないなあ。特に10月は余暇に時間を取れなかった。
そんなムービートピックスに対抗するわけでなく、今期のテレビドラマの話をします。
ある意味で期待通り。ある部分ではそれ以上だとよろこんでいるのが、
NHKの土曜ドラマ『スニッファー 嗅覚捜査官』。
ネットによれば、ウクライナで2013年から放映された
『スニッファー ウクライナの私立探偵』のリメイクらしいです。
超人的嗅覚で犯人をプロファイリングし事件解決を導くコンサルタントが阿部 寛さん。
そのコンサルタントに振り回される警視庁の刑事が香川照之さん。
その配役だけでおもしろそうだと、僕でもそれくらいの鼻は利きます。
1話完結の爽快感も、つくり込みの丁寧さもいい。
主人公が乗るのがカルマン・ギアで、刑事の愛車が古いゴルフというチョイスも楽しい。
この前の回に登場した悪役の美人にポルシェ・カイエンをあてがったところも秀逸。
CMがないNHKだからクルマメーカーに気遣うことなく車種を選べるのかな。
だとしたら確信犯だわ。けっこうズルいよね、国営放送。
この世に続々生まれる新たな物語。それぞれの楽しみ方は個々に委ねられておりますが、
僕は細部に神を宿らせようとする作り手の熱意が伝わり作品が好きです。

オオフチさんの『NYほかけ舟』更新。ふらっと立ち寄った店で遠い記憶が......。