同じようにはならない

その通りにしたはずなのに同じようにならないことに、むしろ感動した件です。
最近は料理方面のお仕事も入り、料理研究家にレシピ提案などしてもらいましたが、
試しにオレもと意気込んでつくってみたのです。
が、撮影時に料理研究家がつくってくれたサンプルの美味しさに届かないんですね。
いえ、レシピ自体に問題はありません。段取りをたどればそれなりの完成度に達します。
でも、何かが微妙に違う。それはたぶん、火加減や塩加減という
微妙な領域に原因があるのではないかと思うんですね。
記述上は、中火とか塩適宜としますが、そこんとこの加減、
要は習熟度や経験値の差が味に現れるのだろうと。
だからきっと、レシピやマニュアルといったものが存在しても、
それを使う人が違えば異なる仕上がりになるのでしょう。
同じようになることがレシピやマニュアルの使命だとしても、
人間が介在する限りそうはならないところがおもしろい。
とは言え、できれば美味しく仕上げたいですよね。そこで明確になりました。
料理に関して僕に不足しているのは自分なりの加減。
何事も反復に時間をかけなくちゃいけないんだよな。