燕三条

新潟県の燕三条に行きました。ご存知でしょうか。燕三条という街は存在しないことを。
燕と三条。すぐとなりですが、別々の市です。高速道路のインターチェンジ名など、
たとえば東名高速の横浜町田や大井松田と同じパターンです。
なぜそのような2地区合併名称を用いるのか、前後の順列はどのように決めるのか、
あるいは明確な法則があるのかもしれませんが、その土地に詳しくない者にすると、
なかなか拭いきれない誤用の刷り込みになってしまうと思うのですが、いかがでしょう。
ちなみに、新幹線の駅名は燕三条で、高速道路のインターチェンジは三条燕だそうです
ややこしい。
聞くところによると、歴史的に燕と三条は互いを牽制し合う微妙な関係性にあるそうな。
三条生まれの人にすれば「こっちは気にしてないのになあ」らしいのですが、
おそらく燕出身者には異なる見解がおありだと思われます。
土地にまつわる因縁。それぞれの橋渡し役となったり、はたまた迷惑なかき回し役と
なるのはいつだって余所者です。僕はどっちが適任なのか、
土地のお酒などいただきながらじっくり判断できたらよかったんだけど、
ドサ回りの住人には三条市の背脂ラーメンをかっ込む時間しか与えられませんでした。
蕎麦もおいしいんだって。