何目線?

書こうか書くまいか決めかねてきた事柄があります。国民的アイドルグループの解散。
僕がこの類に触れるのはふさわしくないと思っちゃいるんですけどね。
でもたとえば、アイドル(という行為?)も代価を頂戴する労働だとして、
それは社会との関わりなしに成立し得ないと定義したなら、僕なりに意見があります。
まず、自分たちの活動に対して直接投資してくれる顧客すなわちファンに向けては、
きっちり説明すべきということ。憶測報道で困惑する人々が何より気の毒だし、
はたまた一般社会では責任の所在を追及されかねない事態です。
そしてまた仕事ですから、個々の仲がいいとか悪いとかは関係ないと思います。
けれど相性はあるだろうし、距離が近い関係ほど一度芽生えた憎しみが
増幅することはあって、せっかく構築した関係が壊れる場合もある。僕にもあった。
そのときも周囲は、あれこれ噂してくれたらしいです。
僕に対して好意的な言葉をかけてくれた人も多かった。
まぁ、悪意ある噂を当事者に告げる人は少ないだろうけど。そのとき僕はどうしたか。
たずねられれば事実関係だけを話し、感情面は一切屈口をつぐんだ。
本当は心の中でぐしゃぐしゃしてるんですよ。
でも、一方的に不満を漏らすのは何か違うと思ったんですね。カッコ悪いしね。
それは説明責任の放棄か? いや、その件で誰かに迷惑はかけていなかったはずだし、
ましてや僕は社会的影響を帯びたアイドルでもない。
ただ、そういう経験があるので、事情はほとんど違うにせよ、
彼らが抱えているかもしれない葛藤や矛盾を推察することはできます。
今年いっぱいが活動期間らしいので、数日中には何らかの発表があるんでしょう。
それが少なくとも熱心に支えてくれた顧客の納得いくものであることを期待します。
って、何目線? って言われそうだ。こうなるから書きたくなかったと、今気づいた。