「オレ」の自覚

土日は久々のスキー。白馬辺りにおりました。それにしても最後のスキーはいつだ?
ほぼ20年ぶり!? それ以前もろくに滑っていないので要するに毎度ビギナーですわね。
果たして滑れるんだろうか?そこは大いに不安でしたが、ささやか期待もありました。
ホッケーのスケートが生かせるのではないか? これ、当たりましたよ。
エッジを使う感覚には共通点があり、無様なりにもまぁ何とか、といったところでした。
そしてまた、「まだまだイケるなオレ」も収穫です。
普段の経験は、ふとした場面で効果を発揮するものですね。
ただ、「調子に乗るなよオレ!」という自重も働きます。
同時に、「いつまでできるオレ?」という拠り所を持たない不安も沸くのです。
この前最後にスキーをしたときは、「いつでもできるよオレ」とか気楽だったろうな。
その辺、深く考え始めると切なくなるので、まぁ風の吹くままに。

オオフチさんの『NYほかけ舟』更新! いよいよ秋冬展示会が始まるそうな。