〇〇初め

三が日NO仕事の取り決めに従い、昨日は有効的時間活用の一環としてランニングを。
いわゆる走り初めってやつですね。12月はほとんどランニングに時間を割けず、
30日にようやく走れたから、あれが走り納めってやつだったんだな。
納めや初めを確認するのも、何か面倒臭いね。
いやまったく久々だと走っているそばから足が張りますな。
それなら距離を短くすればいいじゃんと僕の中の誰かがささやき、
表面上の僕はそうかもねとその声に耳を傾けたりもするんだけど、
結局いつも通りのコースを走り切っちゃうのです。
そのせいで疲労が蓄積し、次に走るときに影響が出るのはよくないとも思うんですね。
おそらく、距離はさておきこまめにランニングするほうが何かと効果的なはずです。
なのに、従来の形にこだわる。
何かね、この頑なさってジジイ初めなんじゃないかと不安になりました。
巧みに風をさばく柳の枝のように歳を取りたいものです。
今日は箱根の復路。駅伝初めの学生たちは上手く眠れているかなあと
勝手に心配している午前1時過ぎなのでした。