恵方巻の末路

2月3日に節分について書いた後、そう言えば触れず仕舞いだったことに気付きました。
恵方巻。いやしかし、あれは関西方面の風習なんですよね。
関東の僕にすれば、節分と言えば豆まき以外に思い付かず、
片手落ちと揶揄されても致し方ないと弁明する以外にありません。
実際には誰にも叱られなかったけれど。
なぜ今になって恵方巻を持ち出したかというと、2月3日の夕方、
買い物に行ったスーパーの惣菜売り場あたりが恵方巻だらけだったんですね。
さらに帰り道のコンビニでも、店頭にブースを出して販売していました。
もはやクリスマスケーキ並。ついに関東でもメジャーな存在になったんだねぇ。
しかし、翌4日にはすっかり姿を消していました。
果たして、少なくとも僕の目にはおびただしい数に見えたあの恵方巻は、
恵やご利益とともに1本残さず人の体内に取り込まれたのだろうか? 
あくまで想像ですが、相当数が売れ残り、
日付をまたいだところで闇へと葬り去れたのではないでしょうか。どうなんだろう。
僕は買いませんでした。あの太さはさすがにねぇ。
縁起物と商売。持ちつ持たれつ良好な関係でいられたらいいけどなぁ。