そこが心配。親戚のオッチャンとして

先週もいろんな出来事がありましたね。「座したままでは」と意気込まれた
ご老人の記者会見はライブで見てたけど、およそ知らぬ存ぜぬ。
リングに上がったはいいがマイクパフォーマンスだけの
プロレスラーみたいで拍子抜けしました。
まったくの他人だけど親戚のオッチャンみたいな気分にさせてくれたのは、
NHKの朝ドラ『べっぴんさん』がクランクアップしたというニュース。
相変わらず見てます、録画して。
驚くべきは、主演の芳根京子さんが20歳になったばかりという事実。
劇中では現時点で40代なのかな。ここのところは成長した娘と対峙する
シーンが多いけれど、ちゃんとお母さんの顔になっているのですよ。
娘役の女優さんとは10歳も違わないだろうに。芝居って不思議だなあ。
最終的には50代まで演じるそうで、僕と同世代になる彼女が楽しみ。
「しっかりしてんなあ」とぐさぐさ刺さる予感。
でも、収録が終わり20歳になったばかりの自分にどう戻れるんだろう。
そこが心配です。日本中にいるはずの他人ながら親戚の代表として。
放送は4月1日までだそうで、最後までお付き合いさせていただきます。