4月生まれのFさん

三重から戻った足で地元のいつものコーヒー屋へ。
すると、今日が誕生日という女性の常連さんに遭遇しました。
そこで聞いてみたんです、出席番号を。そしたら、
「私の苗字はFなのでいつも後ろ」だそうな。誕生日順じゃなかったんだ。
さらにもう一問。4月生まれの気分をたずねたら意外な答えが......。
「年度替わりの最初の頃は、クラスメイトとの関係を模索する時期でしょ。
そんなタイミングで誕生日とは切り出せなくて、
祝ってもらえることは実は多くないんです」
へぇ~、そうなんだ。前にここで書いた『4月生まれのイノウエ君』に
憧れていたのに、イノウエ君もまたそんな悩みを抱えていたとしたら、
何だか申し訳ない気分になりました。
しかし、4月生まれのFさんには転機が訪れます。
「高校で留学した北欧ではアルファベット順で出席番号を決めていたから、
突然前のほうになっちゃって。しかもその国はなぜか4月生まれが多い上に
私と女王様の誕生日がいっしょだったので、
もうムチャクチャにお祝いされたんですよ」
なんかいい話。しかし、なぜその国は4月生まれが多いんだろう。
仕込みの時期に特性があるんだろうか。
それはさておき、4月生まれでよかったと思えたことがあったなら何より。
「でも、今晩のお祝い、ドタキャンされたんです」
うう、気の毒。祝われない呪縛は溶けないままなのか? 
それはドタキャンした相手の問題か? 
ほぼ実話でお届けしました。今日が誕生日の方、おめでとう。
日にちだけなら僕と同じです。それはうれしくないか。

オオフチさんの『NYほかけ舟』更新。『大戦中』を模索中。