月曜日

週末と聞いた場合、何曜日までが当てはまると思いますか。
週休2日制が一般的になった現在では、土曜日はもちろん日曜日も
ウィークエンドととらえるのが普通の感覚ですよね。
平日を働いたごほうびとして週末の休みがあると、そういう感じ。
ところが僕らが使っているカレンダーは、週の始まりを日曜日としています。
好物を最後に食べたいタイプにすれば(僕ですが)、
休日から1週間が始まるなんて損した気分になりますよね。
そんなこんなで平日最初の月曜日は、多くの人にとって
もっとも憂鬱な曜日ではないかと思われます。
でも、この七曜制が全国的に導入されたのは明治になってからなんですね。
それまでも曜日はありましたが、今のカレンダーにも記されている
先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の六曜制と同じく、
日々の吉凶を占うものとして、またはその程度として使われていたそうです。
要するに生活自体には関わっていなかったのです。
そもそも休日の概念すらなかったんですよね。
曜日に関係なく、昔の日本人はほとんど毎日働いていた。
オンだのオフだの口にせず。
まぁ、休んだらおまんまの食い上げになるほど貧しかったとも言えるわけですが
とにかく偉かった。で、何が言いたいんだ? 
そう。およそ誰にとっても憂鬱な月曜日であっても、
何か素敵なことがあるかもしれません。よく言いますよね。
笑顔でいるからこそいいことを呼び込めるのだと。さ、頑張っていきましょう。
ちなみに六曜制によると、今日は仏滅。出鼻挫かれるオチだなあ。

オオフチさんの『NYほかけ舟』更新。彼の地も春らしくなってきたそうな。