「お見かけしました」

日を置かない連発だと、何か起きるんじゃないかとおののきますね。
面識少なめの方2名から言われました。「お見かけしました」
お一方は、日暮れた頃に最寄りの駅の改札を出たところで。
すたすたと歩き去ったらしい。ま、駅に着いたら家まで歩きますけど。
もうお一方は、その最寄り駅に向かう深夜の電車の中で。
仕事が遅くて大変ですねと言われたけれど、たぶんそのときは晩御飯を食べ
酒を飲んだ後だったと思うなあ。
どんな顔していただろうか。迂闊にハナクソなどほじってなかったろうか。
もうね、そういう心配です。ひどい顔だったから声をかけられなかったのかな。
ま、面識少なめだから向こうも遠慮されたんでしょう。
不思議なのは、お見かけ遭遇と、それを記憶していられるほどの期間に
再会できた偶然です。この先どんなご縁があるのかしら。
同時に思い付いたのは、僕にはそういうお見かけがほとんどないことです。
周囲を察知する能力が乏しいのか、そもそも人の顔を覚えられないのか。
ふむ、その両方だな。
他力のご縁つながりでは世界は広がらないだろうと反省するも、
それをどう生かせばいいのかわかりません。
ゴールデンウィークも今日が最後。今回はお休みモードが長かった気がする。
家にいたからだな。