アイリス

花屋さんのオススメでアイリスという花を部屋に連れてきました。
耳にしたことがある名前。でもどんな花かはまったく知らなかった。
アヤメ科アヤメ属らしいです。ふむふむ。アヤメならこの時期だよな。
いずれにせよ、一輪挿しに対応可の可憐な種類だと思っていました。
それだと自分には不似合いかと少し心配したりして。
公園で栽培されたものをもちろん許可のもと切り分けてきたそれは、
花屋さんも驚くほどの生育振りで、茎だけ見ていると
下仁田ねぎに匹敵する立派さ。めちゃくちゃワイルドです。
これならあるいは僕の部屋でもと思ったけれど、
その猛々しいアイリスが納まる花瓶の手持ちがないので、
店で使っていたものを譲り受けるというあわただしさ。
優雅さに欠けたところがむしろ楽しかった。
さて、どんなふうに姿を変えていくのだろう。
花を愛でるというよりは植物の生態を観察する気分です。
そして、僕は花が好きになっていくのだろうか。
その辺も観察ポイントに挙げておきます。