世界の広さ

世界の広さについて、どんどんわからなくなります。
インターネット後の感覚としては、狭く近くなったと言っていいでしょう。
ただ、遠くの国で起きている災害や事件の生々しい感触は、
やはり現場でなければ正しくつかめないはずです。
そういう意味ではネットなんてまだまだ無力。
現実の距離を詰めることはできていない。
それはそれとして、3日に起きたロンドン市内のテロ現場付近に
前日いたと伝えてきた友人がいます。
海外に行くとは聞いていたけれどどこかは知らず、
もしあの騒ぎに巻き込まれていたかと思うとぞっとします。
その恐怖もテロが及ぼすものだとしたら、日本にいる僕も
間接的ではすまない距離感で影響を受けたことになるんじゃないだろうか。
だとしたら、やはり世界は狭くなっているのかもしれません。
上手く言えないのだけど、それは決して望むべき世界の在り様ではないですね。
遠くで起きることなら無縁でいられると言うわけではなく。