積まれた本のどこかに

好きの証なのかと言えば、ちょっと違う気もしています。
机の脇に積まれた買ったままの本。
書店で手に取ったときは、これはおもしろそうだから読もうと思ったはず。
なのになぜすぐ読まないのか? 
いやいや、中には買ったその日に読み始める本もある......。
ああ、それが原因なのね。買った順番に読まないという不規則で身勝手な
プライオリティのせいで放置される本が生まれるわけだ。
そりゃやっぱり失礼なことだろうと思います。
ただ、弁護させていただくと、本というのは生鮮食料品ではないので
鮮度が落ちることはない。おもしろいものならいつ読んでも旬のはず。
どうですか、って誰に向かって答弁してんだ? 
でもやっぱり申し訳ない気がしますよね。
本は積むものではなく読むものなのだから。
そんなわけでここのところは、あえて書店に行くのを避け、
机の脇に積まれた中から読むようにしています。
現時点で絶賛熟読中なのは、確か正月に買った『サピエンス全史』の上巻。
終われば下巻です。言うまでもなくこの本より前に買ったものも、
後に買ったものも山の中に埋もれています。
じゃなぜ今『サピエンス全史』を読もうとしたのか......。
自分でも不明な連続するパラドックスの答えが
積まれた本のどこかに書いてあるといいのだけど。