その差、約33万人

台風が去った後の西日本各地に発令された大雨特別警報。
上野動物園で生まれたパンダの成長ぶり。
某女優さんの論点が意味不明な動画。
熊本で発掘された大型肉食恐竜のものと思われる歯の化石等々。
昨日もいろんなニュースが報じられました。
その中でもっとも気になったのは、
過去最大の減り幅となった日本人の人口です。
今年の1月1日時点で、
前年より30万8084人少ない1億2558万3658人。
そしてまた、昨年1年間で生まれた日本人は98万1202人。
亡くなった人は130万9515人。その差、約33万人。
その数字をどう考えるべきか、すぐに答えは出せませんが、
生まれる人より死ぬ人が多いというのが
この国の今であることは事実みたいです。
首を寝違えたこともあり、何だか肩にずんと来るニュースでした。