誰も過去からは

誰も過去からは逃れられない。
なんて、聞き覚えがあるようなサスペンス風の言い回しですね。
でも、事実です。
予測できない未来を託すとしたら、その人の過去から
ある程度の結果を推測するしかないから。
というような堅苦しい話はさておき、もう20年以上も前に編集長を
務めていた雑誌のネタを頼りにしたお仕事の依頼がありました。
自分としては雑誌を去るときにすべて切り離したつもりでも、
世間はそんなふうに思わないみたいです。
現実的に、当時は必至になってあれこれ調べたことも
今となってはほとんど覚えちゃいません。
それでもこういうのは因果なんだろうと、ちゃんとお受けしました。
でもやっぱり忘れているので、バックナンバーを読み返してみたのです。
必死だった自分を思い出しました。
それがその当時どう評価されたのかはわからないけれど、
何かね、頑張っておいてよかったなあと。
しかし、たまにでいいですね。
過去の自分と向き合うと、褒めてやりたいが反省ばかりじゃないかと、
今の自分が赤面しちまいますから。