ジジィ扱い?

新しいことを始めるのに年齢は関係ない。
なんて一節を耳にしたことがあると思います。その一言は確かに、
何かに挑戦しようとする背中を押してくれる力になるのかもしれません。
でも、どうなんだろう。
それを口にする人は、新しいことを始める上で年齢が邪魔になるほどの
歳を重ねていないんじゃないか、つまりは実体験を伴わない希望的観測で
物を言ってるんじゃないかと、意地の悪い僕はそう推測したりします。
先日、ある習い事に通う82歳の方に会いました。始めたのは70歳。
もうその時点で感服です。しかも他に3種もお稽古があるそうな。
言うまでもなくなぜ始めたのかをたずねたわけだけど、
返ってくる答えは実にシンプルに「やってみたかったから」
そりゃそうですよね。
やりたくないものに割く時間は誰にとっても無駄でしかない。
高齢にもかかわらず、なんて着眼点はめちゃくちゃダサいですね。
新しいことを始めるのに必要なのは、興味と情熱以外にないもんな。
それを持てるかどうか自体が年齢に関係ないことなんだ。
そんなこんなで自分がチェロを始めてみて
周囲の反応に違和感を覚えた理由がひとつ見えました。
ジジィ扱い? そうだったのかもねぇ。