何だかなあ

便利が不便を生み出すケースは日常の中で多々遭遇します。
個人的に「むむむ」となるのは、駅のエスカレーター。
混雑時でも皆さん並ばれるじゃないですか。
先を急ぎたい時間帯だろうに、どうしてなのかなあと思うんですね。
でも、それはそれでいい。「むむむ」なのは、ガラ空きの階段が
エスカレーター待ちの列に塞がれて利用しにくい点です。
僕はできれば階段を使いたい派なので、けっこう困惑します。
導線のつくり方に問題があると思うんだけどなあ。
とは言え最近は、エスカレーター待ちの行列に切り込んだときの
周囲の冷たさにめげて、大きな流れに沿うようにしています。
自分の中に沸き立つ苛立ちを差配する形で。疑問は未解決のままですけど。
似たような例だと、高速道路のETC専用レーンでしょうか。
料金所での渋滞解消を目的に採用されたシステムですが、
週末の夕方以降など混雑する時間帯は非ETCレーンのほうが空いています。
何だかなあって思います。
こういうの、いちいち挙げたらキリがないんでしょう。
だからそれぞれぐっと飲み込みますが、
もう少し階段を使ったらどうですか? とは言いたいです。小声ですが。