目標

「今日はカウンター席を用意してますよ」と、常にカウンターしか
座らない僕に対してLINEしてきたイタリアンの店長に
「仕事だから無理よ」と応じたら、「誕生日でも働くんですか?」と
間髪入れずに返信がありました。
連休明けに原稿提出を希望されるクライアント様は多いのです。
だからいつもと変わらず働きます。
誕生日を機に新たな目標を立てることもしません。
というか、どんな機会であれ明確な目標を立てたことがないのです。
立志というか、自分に対する希望や戒め的なものはありますよ。
たとえば「もっと上手に原稿が書けるようになりたい」というような。
でもそれって数値化できるものじゃないので、この仕事に励む以上、
ずっと描き続けるべき無定量の期待だと思うんです。
書きたい原稿というのも特にないのかもしれない。
なにしろ55歳になっても生業としての原稿書きが成立しているだけで
感謝の気持ちしかないし。
いずれにせよ、運と縁です。
それに授かれるような技量を常に磨き上げておく。
強いて言えばそれが人生の目標です。
その達成は相当に困難だと思っておりますけど。

オオフチさんの『NYほかけ舟』更新。季節の変わり目のお話。